山下忠紘他が、化学とマイクロ・ナノシステム学会 第46回研究会で優秀研究賞を受賞しました。

2022年11月17日

山下忠紘、松澤 諒介、松尾 瑛、深町 崇耶(金沢大学)、Philip Kollmannsberger(University of Würzburg)、須藤 亮、奥田 覚(金沢大学)の共同研究発表「マイクロ構造体上での組織変形を記述する粒子ベース力学モデルの開発」が、化学とマイクロ・ナノシステム学会 第46回研究会で優秀研究賞を受賞しました。松澤君、松尾君が取り組んだ研究を中心に、成果をまとめた発表です。学会会場でポスターに足を運んでくださった方々、発表内容を審査してくださった先生の皆様、どうもありがとうございました。